最高級の本革を使い、鞄の街 豊岡の職人の情熱を形にした最高の鞄 Totem Re Vooo(トーテムリボー)

TotemTotem Premium Classic

Totem

TRV0001
Dulles.Brief

Dulles.Brief

TRV0002
Standard.Brief

TRV0003
Boston

Design & Exteriorデザイン&外装

それは、細部にわたり作り込まれたクラシックな英国車…あるいは、スイス伝統の精緻な機械時計のような趣を持つ鞄

それは、細部にわたり作り込まれたクラシックな英国車…あるいは、
スイス伝統の精緻な機械時計のような趣を持つ鞄。
D.Briefは世界各国から集められた秀逸な素材を厳選し、
クラシックなビジネスブリーフのデザインベースに経験豊かな職人たちが持てる技術と叡智の限りを尽くしたTotem Re Voooのフラッグシップモデルです。
強靭なアラミド繊維を織り込んだオリジナル素材に、
艶やかな光沢と濃淡が美しいイタリア・トスカーナ産フルベジタブルタンニンなめしで仕上げた革を合わせることで、
大人の品格を持つブリーフバッグに仕上がりました。


Alminium Frameアルミニウムフレーム

アルミニウム合金製のフレーム(骨格)

D.Briefにはアルミニウム合金製のフレーム(骨格)が上部~両側にわたって入っており、
これはクラシックなドクターバッグをデザインルーツに持つ仕様で、日本ではダレスバッグと呼ばれています。
非常にトラディショナルなデザインで知的、開口部が大きく開くため利便性に富んだ鞄といえます。
特にTotem Re Vooo製品は上部が緩やかなラウンド形状に曲げられており、
開閉がスムーズになるよう職人の手作業でひとつひとつの個体に合わせて調整が加えられています。


Handsewing Handle手縫い仕様のハンドル

断面はすべて磨きがかけられ、妥協のない仕上がり

ハンドルは鞄にとって最も重要なパーツのひとつ。
仕上がりの美しさを求められ、強度も十分である必要があり、
かつ唯一人肌と触れる部分であるために質感がダイレクトに感じられる部分。
鞄の聖地、豊岡には鞄のハンドルづくりを専門とする職人がいます。
職人たちはひとつひとつのハンドルを求められる用途に合わせた製法で丁寧に作っており、
その工作精度は日本有数。
なかでもこの製品は選ばれた職人のみが手掛けることができる手縫い仕様。
断面はすべて磨きがかけられ、妥協のない仕上がりになっています。
もちろん、強度も折り紙付き。


Core material立体感を魅せる芯材

立体感を魅せる芯材

目指したのは、無駄をそぎ落とした精悍な姿。
鞄の立ち姿を引き締めるために、
デザイン上重要な場所を「盛り上げて」筋肉のように魅せています。
職人により丁寧に盛り上げを作りあげ、メリハリの効いた仕上がりに。
光を受けてより立体的に浮き上がり、
それが高品質な鞄であることを、さりげなく主張します。


Detail

  • Germany hook ドイツホック

    ポルシェを代表とするコンバーチブル・クーペの幌を留める金具をルーツに持つ、ドイツ式ホックボタンを使用。高級感のある輝きと独特の開閉方法が特長。

  • Bottom studs 底鋲

    床に置いた際に鞄の底面を汚さず、保護するためのもの。普段は見えないが、そんな場所にも中身のしっかり詰まった質感の良い、しっかりと高さのあるものを選んでいます。

  • Metal & Leather logoplate メタル&レザー ロゴプレート

    Totem Re Vooo製品(一部を除く)には、メタルとレザーをレイヤードしたコンビネーションプレートが取り付けられています。後ろ側のメタルプレートが揺れてわずかに見え隠れするようデザインされています。

  • Shoulder belt&rest ショルダーベルトと肩当て

    触り心地まで研究され尽くして生まれた、MADE IN JAPANの肉厚感あるショルダーベルト。さらに熱加工を加え、高級感のある鈍い艶を放つよう仕上げました。肩当てもトスカーナ産の革で構成。裏面は衣類への色移りを防止する目的でヌメ革を使用しています。

  • Shoulder belt&rest ショルダーベルトと肩当て

    触り心地まで研究され尽くして生まれた、MADE IN JAPANの肉厚感あるショルダーベルト。さらに熱加工を加え、高級感のある鈍い艶を放つよう仕上げました。肩当てもトスカーナ産の革で構成。裏面は衣類への色移りを防止する目的でヌメ革を使用しています。

  • Shoulder belt&rest ショルダーベルトと肩当て

    触り心地まで研究され尽くして生まれた、MADE IN JAPANの肉厚感あるショルダーベルト。さらに熱加工を加え、高級感のある鈍い艶を放つよう仕上げました。肩当てもトスカーナ産の革で構成。裏面は衣類への色移りを防止する目的でヌメ革を使用しています。

Material素材

Aramid fiber fabricアラミド繊維入りファブリック

アラミド繊維入りファブリック

ナイロンをベースにアラミド繊維を織り込んだ素材を本体として使用。
アラミドは防弾・防刃具に使用される強靭な繊維で、鞄の素材として使用されるのは極々稀なこと。
素材自体が高価なうえ非常に強靭であるがために、通常とは異なる方法で加工されます。


Leather in Toscanaトスカーナ産レザー

トスカーナ産レザー

イタリア・トスカーナは革の生産地として世界的に有名な場所。
革づくりを行う「タンナー」選びから始まり、触れたときの質感、柔らかさ、強さなどTotem Re Voooが納得のいくまでテストを重ね、
選び抜いた素材です。
この素材はトスカーナレザーの中でも、植物のタンニン成分のみを使って加工された革に与えられる認証マークを得ており、
上質感と使い込んだ際のエイジングは他を寄せ付けない存在感です。


Suede liningスゥエード調内装

スゥエード調内装

内側のしつらえにもこだわるのがTotem Re Vooo。
エグゼクティブで落ち着きのある小空間を演出する、スゥエード調ファブリックを全面に使用した内装。
鞄を開いたときに飛び込んでくる、その質感や色使いに喜びを感じてもらえるように。
もちろん、ビジネスに必要な機能は揃っています。


Detail

  • Excella zipper 最高級、エクセラファスナー

    最高級ファスナー「エクセラ」を使用しています。丁寧に磨きをかけられ美しく輝きます。

  • Metal parts メタルパーツ

    曇りのない表面は非常に手間のかかる「吊りメッキ」によるもの。一般的にメッキは大きな容器のなかでされ、加工の際に細かなキズやムラが生じてしまいます。吊りメッキの場合、職人が一点一点吊り下げる形で加工が行われるため、美しい見た目に仕上がります。

  • Mobile device pocket モバイル機器用クッションポケット

    iPadなどのモバイル機器を衝撃から守り収納できるよう、内側にクッション性のある芯材を入れたポケットを装備しています。
    ※機器の防護を保証するものではございません。

Technology & function技術・機能

Function機能性

機能性

ビジネスに必要な機能はペン差しからモバイル機器収納まで一通りのものが揃います。
鞄づくりに半世紀以上かけた経験から、最適なサイズ感と収納感で作り込まれています。
アルミフレーム構造のため大きく開口することもポイントです。


Polished edge磨き上げた断面

機能性

革の断面の処理はブランド・メゾンによりその仕上げに対する考え方が様々です。
私たちは鞄の用途やグレードにより仕上げのレベルを分けており、
フラッグシップであるこのモデルは最高レベルの磨き込みを行っています。
直接機能や耐久性に影響を及ぼすものではありませんが、
ひとつのパーツに手間暇をかけることで、品格が生まれ、佇まいが存在感あるものとなります。


Craftsmanship of the process妥協のない加工プロセス

どんな素材も、良いプロダクトをつくるうえで最良の加工プロセスがあります。
ひとつひとつの部品と向き合い、それらが最高の鞄を構成するひとつのピースとなるために、
素材選び、機械のメンテナンスを含めプロセスを最高の状態に保っています。


Handcrafted in Toyooka豊岡の鞄職人による縫製

手間暇をかけて仕上げたパーツを、豊岡の鞄職人がひと針ひと針丁寧に縫い上げています。
最高の仕上がりでお客様にお届けするために、
ミシンや糸、針選びに始まり、ピッチ、テンション、縫い方、力の加減など…
細かなところまでこだわり抜く。
私たちにとっては当たり前のことではありますが、最高の仕上がりになるよう職人が考え抜いています。

Quality品質

Ajust to highest quality最高の状態でお届けするために

同じように見えても、それぞれ違う。
鞄には個体差がありますが、個体毎に細かな調整を加えています。
最終的にすべての箇所はTotem Re Voooの品質を守るプロフェッショナルの目で検品され、
万全の状態でお客様の手元に届きます。


Aging経年変化

機能性

トスカーナの革のエイジング(経年変化)は数ある革のなかでも、豊かであるといえます。
鞄として使っていくうえでの様々な要素により、深い色味に変化したり、磨かれた金属のような鈍いつやが生まれます。


Seriesシリーズ

Dulles.Brief

TRV0001
Dulles.Brief

TRV0002
Standard.Brief

TRV0003
Boston